--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017夏アニメ一斉まとめ!

2017年09月28日 20:35

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。

8.0点以上傑作視聴中・視聴済アニメ一覧茶字以上に該当。
7.0点以上~良作。これが日本のアニメーションだ!
6.5点以上~過半数の支持を得られる高品質な作品。
6.0点前後~取捨選択が必要。賛否が分かれます。
5.0点以上~最下層ライン。
4.9点以下~駄作。時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
評点 タイトル
――――――――――――――――――――――
5.8 NewGame!!
5.7 プリンセス・プリンシパル
5.5 徒然チルドレン
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。




NewGame!!  継続の難しさ 5.8点
1期のクオリティ維持に努めた本作。
新鮮味はないものの全体的に高いレベルで2期を終われたのは素晴らしいこと。まあネタ的には維持しやすいタイプの作品だけれども、それが出来ないのが現在のアニメ制作現場なので…良い事ですよ本当に。



プリンセス・プリンシパル  凡作から昇華する力 5.7点
ジワジワと紐を解くかのような構成力は素晴らしかった。謎のまま進めたファクターが帰結する瞬間を面白くするのが、簡単なようで一番難しいのかもしれない。
最終話ではもっと入れ替わりを派手に押し出したどんでん返しを期待していただけに、少々期待外れだったのは事実。
しかしながら1話からすれば十分化けてくれた良作です。



徒然チルドレン  スーパーライトラブコメディ 5.5点
勝手に物語が進んでいく非常に簡単な内容のアニメだったものの、オムニバス構成のおかげでテンポ感があり、なかなか良い出来だったのではないでしょうか。
まさに4コマ漫画原作の平均点といったようなお手軽アニメでした。




◆総評◆
ボールルームが2クールということで、実に4作品しか見なかった今期。そしてボールルームが一番良かったかな。
いや、俺が悪いんじゃなくてアニメが悪い。継続したいような面白い作品無いですもん。そもそも脳が溶けてるような脚本ばっかりで…まあキャラ重視でわかりやすくないと売れないからかなあ。
俺からすれば氷河期状態ですよ…残念。

そして来期のラインナップもかなり微妙な感じ。残念。


ちなみに音楽はいいものが多かったので、そっちの意味では捗りました。
2018年版は12月中旬くらいを予定しています。

【9/28まで20%OFFレビュー】Corsair HARPOON RGB

2017年09月21日 02:59

RGB
実に8年ぶりにマウスとマウスパッドを変えました。
IE3.0からの乗り換えということで、ようやく時代に追いついた感はある。



新しいマウスは日本ユーザーにはあまり馴染みのないCorsairから発売されているCorsair HARPOON RGBです。

特徴はその圧倒的な値段。ゲーミングブランドのなかでも、3600円で購入できるゲーミングマウスはなかなか珍しいのではないでしょうか。
アメリカ育ちのコルセアは海外ユーザーから一定の支持を得ているようで、日本ではこのマウスのレビューを数件しか探せなかったのですが、Amazon.USではその一端が伺えました。



外観はこちら。(クリックで画像拡大)4代目IE3.0を並べて撮影しています。
RGB上
RGB横
RGB後
RGB裏

おおまかにはIEクローンと呼ばれるものとある程度形が似ており、お尻をばっさりと切って小さくしたような形状のマウスです。マッドな塗装に左右のラバーグリップ。
IE系との形の違いは側面が凹んでいる点でしょうか。左側面はG300sのように凹み、右側面もフィット感を増すように少しだけへこんでいます。
つまみ持ち、かぶせ持ちなど多様な持ち方に対応できるような無難な仕上がりです。

サイドボタンはクリック感強め。
ホールドクリックが浅くて強め。(少しだけ押しづらい)
左右クリックはオムロンスイッチ搭載ということで特に問題なし。

85gと軽くてソールも良く滑り、コード接続が左に寄っている点なども全く気にならず、ゲーミングマウスとしての第一印象は全く不満無しといったところでしょうか。マウスの外観には遊びがなく、いわゆる安っぽさは全く見受けられませんでした。



次に内側のご紹介を。公式HPから専用のドライバ、Corsair Utility Engine (CUE)をインストールすることで、DPIの変更や各種ボタンの設定、マクロ機能にLED発光色変更などが行えます。
CUEHDPI
マクロ
DPIは最低値250から500,750…と250刻みにしか設定できません。ここだけ注意!
インターフェイスは親切設計ではないですが、日本語に対応しているので特に問題ありません。
マクロ機能もいじっていれば感覚で設定できます。ベタに連射からMMOの放置狩り等まで幅広く設定できますが、マクロの使用は自己責任で。ルールに従って楽しむことも大事だと私は思います。



ということで久々のレビューでした。
コスパを考えれば満足な買い物だったと思います。ゲーミングマウスに興味はあるけれど値段がネックという方や、有名どころより少し小さめのマウスを探しているという方の選択肢になればと思います。
そしてこの商品、9/28までアマゾンゲームショウセール中で20%OFF2894円です。いつ買うか、今でしょ。(割とマジ)


ちなみに一番大事なゲームでの使用感を書いていませんが、パッドも変えて一気にマウスが滑るようになった為、調整に苦労しております(笑) 挙動自体は全く問題ありません。問題あるのは…そう、私のAIM。

2017夏アニメチェック!

2017年07月15日 23:58

今期かなり良い感じなのが
<ボールルームへようこそ> マイナースポーツでこれだけ丁寧にやられたら面白くないわけないよね。I.Gもわかってて全く手を抜いていない。本気の方のI.Gです。



なかなか良かったのは
<NewGame!!> 百合2期だぞい。
<魔法陣グルグル(2017)> リメイク。往年の名作ということで力が入っているのが伝わってきます。ただ…15分ぐらいのほうが収まり良かったのかなあとは思う。良く完成度を落とさずに詰め込んでいるけど、それでも若干胸焼け。



軒並みで普通なのが
<賭ケグルイ> 美少女学園カイジ。いろいろと緊迫感が感じられないのが微妙。
<Fate/Apocrypha> Fateスピンオフ。本編と直接的な関係はなさそう。
<縁結びの妖狐ちゃん> 上海の绘梦动画制作。00年前後の日本アニメを目指しているような作品が多いのが特徴。
<異世界食堂> 食事で愛情あふれるみたいなやつ。相変わらず異世界設定はいらない。
<妖怪アパートの幽雅な日常> タイトル通り、普通。
<徒然チルドレン> 15分の4コマ的オムニバスラブコメ。軽く見るアニメとしては悪くない。
<アホガール> 頭アホにしてみるとなかなか面白いかも。ハーフアニメとしては成功か。
<恋と嘘> 高校生の恋愛もの。面白い設定のように見えるが、結局基本は同じやつ。
<コンビニカレシ> よくある学園青春恋愛アニメ。キャラデザは若干女性向け。
<将国のアルタイル> 最年少天才将軍が陰謀、戦争に巻き込まれていく中世アニメ。2話から失速。
<セントールの悩み> 学園獣人日常アニメ。EDが無駄に壮大だったけど、さすがに不穏な展開はないだろうな…
<異世界はスマートフォンとともに> 超ご都合主義のオナニー娯楽アニメ。みんな夢みたいんだね。
<プリンセス・プリンシパル> 可愛い学生達がハードボイルドに人を撃つのが受けるだろ? というような内容。シナリオ自体はよくあるスパイ物なので、個人的には好きなジャンル。



最後にいまひとつだったのが
<ようこそ実力至上主義の教室へ> 量産型。
<ひなろじ> ロリコン向け。作画はすげー頑張ってる。
<活撃/刀剣乱舞> 腐向け…というほどではないけれど、まあいわゆるキャラだけの幕末物。
<バトルガール ハイスクール> ごった煮劣化マクロストパン48。
<ナイツ&マジック>  サクサク進んで悪くはない。でも転生設定いらね。
<潔癖男子!青山くん> 長い。テンポ×
<ナナマル サンバツ> 特に面白味もない高校生ウルトラクイズ。とりあえずヒロインの声優酷すぎ… 
<アクションヒロイン チアフルーツ> 町おこし戦隊アイドルアニメ。
<18if> うーん、なんかこう…もったいない。
<バチカン奇跡調査官> バチカン探偵アニメ。ミステリー好きでなければ見れないほどに暗く単調。
<時間の支配者> 懐かしいテンポ。しかし面白くない。
<ひとりじめマイヒーロー> 1話なんだから良さをだす努力をしてほしい。
<天使の3P!> ろりおん。
<クリオネの灯り> 低予算、低品質。
<ゲーマーズ!> 特徴無し。
<THE REFLECTION> アメコミ。絵コンテがお粗末すぎる。

◆主なオススメ作品と、対応する曜日のリストアップ◆
※新アニメ→新 2期作品→2期 2クール目→2ク など
※月=火曜早朝含む


 NewGame!!(新2期) 魔法陣グルグル(新) 徒然チルドレン(新)
 
 
 
 ボールルームへようこそ(新)
 プリンセス・プリンシパル(新)



ひーーーーーーーどいですね。
俺がアニメを見過ぎたとかそういう理由関係なく、ひーーーーーーどい。
ボールルームへようこそだけ見ておけば問題ないです。
アニメファンの方々は、詰みアニメを崩す大チャンスではないでしょうか。
私はこの機会に詰み映画を消化していこうかと思います。

2017春アニメ一斉まとめ!

2017年06月19日 06:54

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。

8.0点以上傑作視聴中・視聴済アニメ一覧茶字以上に該当。
7.0点以上~良作。これが日本のアニメーションだ!
6.5点以上~過半数の支持を得られる高品質な作品。
6.0点前後~取捨選択が必要。賛否が分かれます。
5.0点以上~最下層ライン。
4.9点以下~駄作。時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
評点 タイトル
――――――――――――――――――――――
8.0 リトルウィッチアカデミア
5.7 正解するカド KADO: The Right Answer
5.7 ID-0
5.6 進撃の巨人 Season2
5.2 エロマンガ先生
4.8 ロクでなし魔術講師と禁忌教典
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。




リトルウィッチアカデミア  世界中の子供たちに見てほしいアニメ 8.0点
信じる心が世界を変える! スタッフたちの魂の叫びが、画面越しにビリビリと伝わってくるような、まさに勇気と希望に満ち溢れた作品でした!
ヒロインの成長を1クールガッツリと描いたのが素晴らしい。不器用なりにも素直でひたむきな姿、人よりゆっくりであろうと一歩ずつ一歩ずつ成長していく彼女の姿は、視聴者の心を鷲掴み。
2クール目からは一気に人物構成をくみ上げていき、加速度的に物語は終盤へ。新旧ダブルヒーローにかけがえのない仲間との絆。涙なしでは語れぬシャリオとの再会…信じる心に支えられた魔女達のクライマックスは圧巻でした。

作品自体が丁寧に易しく作られていることも含め、これが深夜アニメとして放送されたことが非常にもったいない。家族で見て、子供が見て、ワクワクドキドキといった素直な感情を体験してほしい。
夢をもつこと、可能性は無限大に広がっているというメッセージを、是非受け取ってほしい。
このような素晴らしい作品に出合えたことに、また一つ感謝です。



正解するカド KADO: The Right Answer  解をもたないという解 5.7点
地球外生命体に対して交渉で対処する切り口は良かったのだが、以降のまとめ方は微妙。
最終話の真道の犠牲は、真道の心情から解釈できるのだけれど、だから良かったかと言われるとNO。すでに3人も神が出てきている時点で、視聴者はなんでもアリアリの終盤だろうと認識させられているのに、この死は果たして必要だったのだろうか。
CGキャラの馴染み方が素晴らしかったので、描画的技術力は感じられる作品でした。



ID-0  ボリューム不足の最終決戦 5.7点
序中盤まではなかなか惹きつけるシナリオ進行だったのだが、結局尺足らずのまま凡作として終わりを迎えてしまった。
作品全体の設定や雰囲気が良かっただけに、失望感は強い。



進撃の巨人 Season2  見事な失速は予想通り 5.6点
ビジネスモデルの問題か、脚本構成の問題か。
説明に従事しすぎて回想が増えてしまいテンポダウン。強烈なインパクトを魅せた1期と比べると、低調だったと言わざるを得ない。
それにしても最終話の唐突なミカサデレはなんだったのか。2期ではたいしてスポットもあたっていなかった為、細かな感情の動きを描ききれていなかった。構成的に決まっていたのかもしれないが、これは頂けない。



エロマンガ先生  中身なんて無いよ 5.2点
ストーリーが進行していた俺妹と違い、あるのはただのライトエロ。あまりにも商業向けすぎる作品で残念でした。



ロクでなし魔術講師と禁忌教典  男女平等パーンチ 4.8点
最後までレールガンの焼き増し。




◆総評◆
リトルウィッチアカデミアでした。それに尽きます。
最終話の展開がわかっているのに、ここまで楽しめるというのは本当に力のある作品ですよ。Triggerの今後も期待していきたいです。
カドが頑張れなかったのは非常に残念でしたが、まあそういうこともあるでしょう。このネタなら終盤の脚本だけ変えて実写ドラマとかでやったほうが面白そうだけどね。

それにしてもPUBGにばかり時間を割いていて、今期はあまりアニメが見れませんでした。
月がきれいとかなんとなく切っちゃって申しわけなかったなあ…来期はどんな良作に出合えるのでしょうか。

2017春アニメチェック!

2017年04月16日 04:15

今期アニメ1話の感想です。順不同。



今期かなり良い感じなのが
<正解するカド KADO:The Right Answer> ラーゼフォンやファフナーといった00年代前半の良さを思い起こさせるアニメ。現実とのマッチアップも悪くないし、3Dキャラ特有の違和感も少なく、画面は綺麗で質が高い。あとは…”シナリオ”のみ。



なかなか良かったのは
<アリスと蔵六> じいさんのキャラだけである程度もちそう。脚本を頑張ることができればなおよし。
<月がきれい> ジャンル的にはど真ん中だけれども、名作には程遠く。ほっこりアニメで無難に終わりそう。
<ID-0> 優しい海賊船に巻き込まれる少女。谷口らしい話で素晴らしい。体も戻ってテンポも良し(笑
<エロマンガ先生> キャラデザといいほぼ俺妹に近い内容が予想され…さらに両親は死別? どこのエロゲーだよ。まあキャラが可愛いだけで見る理由にはなるのだけれど。
<アトム ザ・ビギニング> アニメというものを良くわかっている作品です。少々子供向けな感じはありますが、王道路線はいつだって子供心も忘れないもの。



軒並みで普通なのが
<進撃の巨人 Season2> 巨人の真相に近づく待望の2期。劇場型作品の盛り上がりは必然。それ以上を描けるか。
<グランブルーファンタジー> スマホゲー原作ってこうなるよね。量産感が否めないのは致し方ないか。
<ロクでなし魔術講師と禁忌教典> 1話は酷い。2話の男女平等キックで多少持ち直すも、テンプレラノベアニメ感は拭えず。
<サクラクエスト> PA.WORKSの問題作。根本的にはコメディ路線のようなので、PAの特徴はそれなりに出ています。
<ゼロから始める魔法の書> 世界の理に反する獣人と魔女のバディ。行きつく先がハッピーエンドとなることは少ないが…
<終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?> 量産型ファンタジー小説アニメ。
<冴えない彼女の育てかた♭> 2期です。好きな人が見ればいいかと思います。
<ソード・オラトリア ダンまち外伝> ヘスティアとベルが固定で出ないと魅力半減。ダンまちの面白さはない。
<拡張少女系トライナリー> 内容が無いので残念だが、それ以外の面ではなかなかのクオリティ。
<Re:CREATORS> フィクションの世界から飛び出したキャラ達の戦いを描くアニメ。現代世界との落としどころが気になるが、どうもこれは上手くいかないのでは…。ってか思ったよりキャラ多くて物語に深みが生まれるとは思えないです。
<サクラダリセット> 時間をリセットする能力を中心とした少年と少女の物語。最近では珍しい、セリフを中心としたポエムアニメ。売れない長編アニメーションなどにもたまに見受けられるが、こういう作品の方が作り手の熱意が感じやすいので面白い。現状のレベルは並だが果たして。



最後にいまひとつだったのが
<銀の墓守り> これまた特徴に乏しいファンタジーバトルアニメ。異世界飛ぶよー。
<フレームアームズ・ガール> 誰得プラモデル。
<王室教師ハイネ> 量産型ホモォ。
<武装少女マキャヴェリズム> 何枚コピーすれば気が済むのねん。
<クロックワーク・プラネット> 1話に魅力が無さすぎる。鈴木爆発かな?
<恋愛暴君> 少年用。
<カブキブ!> 食指はむかず。どうせなら昭和落語心中並みに本気でやってくれないと。
<有頂天家族2> ある程度はもってくるでしょう。それでも2期はいらなかったかな。
<覆面系ノイズ> うーん…鳥肌たつらしい曲がどう聞いてもお経。アニメの品質もだいぶ怪しいし、少女漫画原作にしては珍しくハズレ。 
<ひなこのーと> 劣化らきすた。
<sin 七つの大罪> マガジン連載の七つの大罪とは関係ない。ただのハラショーです。



◆主なオススメ作品と、対応する曜日のリストアップ◆
※新アニメ→新 2期作品→2期 2クール目→2ク など
※月=火曜早朝含む

 ゼロから始める魔法の書(新)
 
 サクラダリセット(新) サクラクエスト(新)
 月がきれい(新) 冴えない彼女の育て方♭(新2期)
 正解するカド(新) ソード・オラトリア(新)
 エロマンガ先生(新) 進撃の巨人Season2(新2期) Re:CREATORS(新)
 リトルウィッチアカデミア(2ク) ID-0(新) アリスと蔵六(新)




相変わらずの不作っぷりの中、唯一推せると言えば正解するカド KADO:The Right Answerでしょうか。
最初からこてこてのSFに入るのではなく、交渉人から入るのが本作の特徴的な良さ。今後の展開を期待させるような作品は、どうしたって期待してしまいますね。
忘れてはいけないのはリトルウィッチアカデミア。ダントツで面白いです。2クール再開後2話ではまた大きく話が動き出し、エンタメ性を忘れない愛のある作品だと感じました。
あとは谷口悟朗最新作のID-0が頑張ってくれれば満足です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。