2017春アニメチェック!

2017年04月16日 04:15

今期アニメ1話の感想です。順不同。



今期かなり良い感じなのが
<正解するカド KADO:The Right Answer> ラーゼフォンやファフナーといった00年代前半の良さを思い起こさせるアニメ。現実とのマッチアップも悪くないし、3Dキャラ特有の違和感も少なく、画面は綺麗で質が高い。あとは…”シナリオ”のみ。



なかなか良かったのは
<アリスと蔵六> じいさんのキャラだけである程度もちそう。脚本を頑張ることができればなおよし。
<月がきれい> ジャンル的にはど真ん中だけれども、名作には程遠く。ほっこりアニメで無難に終わりそう。
<ID-0> 優しい海賊船に巻き込まれる少女。谷口らしい話で素晴らしい。体も戻ってテンポも良し(笑
<エロマンガ先生> キャラデザといいほぼ俺妹に近い内容が予想され…さらに両親は死別? どこのエロゲーだよ。まあキャラが可愛いだけで見る理由にはなるのだけれど。
<アトム ザ・ビギニング> アニメというものを良くわかっている作品です。少々子供向けな感じはありますが、王道路線はいつだって子供心も忘れないもの。



軒並みで普通なのが
<進撃の巨人 Season2> 巨人の真相に近づく待望の2期。劇場型作品の盛り上がりは必然。それ以上を描けるか。
<グランブルーファンタジー> スマホゲー原作ってこうなるよね。量産感が否めないのは致し方ないか。
<ロクでなし魔術講師と禁忌教典> 1話は酷い。2話の男女平等キックで多少持ち直すも、テンプレラノベアニメ感は拭えず。
<サクラクエスト> PA.WORKSの問題作。根本的にはコメディ路線のようなので、PAの特徴はそれなりに出ています。
<ゼロから始める魔法の書> 世界の理に反する獣人と魔女のバディ。行きつく先がハッピーエンドとなることは少ないが…
<終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?> 量産型ファンタジー小説アニメ。
<冴えない彼女の育てかた♭> 2期です。好きな人が見ればいいかと思います。
<ソード・オラトリア ダンまち外伝> ヘスティアとベルが固定で出ないと魅力半減。ダンまちの面白さはない。
<拡張少女系トライナリー> 内容が無いので残念だが、それ以外の面ではなかなかのクオリティ。
<Re:CREATORS> フィクションの世界から飛び出したキャラ達の戦いを描くアニメ。現代世界との落としどころが気になるが、どうもこれは上手くいかないのでは…。ってか思ったよりキャラ多くて物語に深みが生まれるとは思えないです。
<サクラダリセット> 時間をリセットする能力を中心とした少年と少女の物語。最近では珍しい、セリフを中心としたポエムアニメ。売れない長編アニメーションなどにもたまに見受けられるが、こういう作品の方が作り手の熱意が感じやすいので面白い。現状のレベルは並だが果たして。



最後にいまひとつだったのが
<銀の墓守り> これまた特徴に乏しいファンタジーバトルアニメ。異世界飛ぶよー。
<フレームアームズ・ガール> 誰得プラモデル。
<王室教師ハイネ> 量産型ホモォ。
<武装少女マキャヴェリズム> 何枚コピーすれば気が済むのねん。
<クロックワーク・プラネット> 1話に魅力が無さすぎる。鈴木爆発かな?
<恋愛暴君> 少年用。
<カブキブ!> 食指はむかず。どうせなら昭和落語心中並みに本気でやってくれないと。
<有頂天家族2> ある程度はもってくるでしょう。それでも2期はいらなかったかな。
<覆面系ノイズ> うーん…鳥肌たつらしい曲がどう聞いてもお経。アニメの品質もだいぶ怪しいし、少女漫画原作にしては珍しくハズレ。 
<ひなこのーと> 劣化らきすた。
<sin 七つの大罪> マガジン連載の七つの大罪とは関係ない。ただのハラショーです。



◆主なオススメ作品と、対応する曜日のリストアップ◆
※新アニメ→新 2期作品→2期 2クール目→2ク など
※月=火曜早朝含む

 ゼロから始める魔法の書(新)
 
 サクラダリセット(新) サクラクエスト(新)
 月がきれい(新) 冴えない彼女の育て方♭(新2期)
 正解するカド(新) ソード・オラトリア(新)
 エロマンガ先生(新) 進撃の巨人Season2(新2期) Re:CREATORS(新)
 リトルウィッチアカデミア(2ク) ID-0(新) アリスと蔵六(新)




相変わらずの不作っぷりの中、唯一推せると言えば正解するカド KADO:The Right Answerでしょうか。
最初からこてこてのSFに入るのではなく、交渉人から入るのが本作の特徴的な良さ。今後の展開を期待させるような作品は、どうしたって期待してしまいますね。
忘れてはいけないのはリトルウィッチアカデミア。ダントツで面白いです。2クール再開後2話ではまた大きく話が動き出し、エンタメ性を忘れない愛のある作品だと感じました。
あとは谷口悟朗最新作のID-0が頑張ってくれれば満足です。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/312-ffe0727b
    この記事へのトラックバック