--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の良かったマイナーゲームとか紹介やつ【あけおめ】

2016年01月01日 00:00

タイトル通り。たまにはこうやってアニメ感想以外の記事も書こうかと。長文もあれなんでザクッと紹介していきます。

マイナーゲームの定義って難しいけど、基本的にはジャンルですよねーデスヨネー
というわけでADV(アドベンチャーゲーム)SLG(シミュレーションゲーム)が中心になります。


Wii専用ソフトHOSPITAL. 6人の医師
知っている方はいるかもしれませんが、もともとDS系で出ていたカドゥケウスという医療ゲームシリーズの続編にあたります。万人にも楽しめるようカドゥケウスをブラッシュアップしたのが本ソフトです。簡単に言えば医療SLG
この医療ゲームと言うジャンルはゲーム業界でもかなりマイナーでして、フルプライスで一般人が楽しむようなソフトは、アトラスが手掛けたこのカドゥケウスシリーズ及びHOSPITAL.しか存在しません。

内容的にはWii特有の操作感を存分に使った、外科手術(循環器、整形、内視鏡、救急)・診断医・検視官の6種類を体験することができます。
リアルとゲーム性を上手く融合させた外科手術は、メスでの切開からゲーム性のある外傷手術、最後に縫合で締めるというまさにシミュレーションの醍醐味を味わえるかと思います。かなり一般人向け!
0102

そして私みたいな変人は診断医療で問診や触診・聴診、MRI等を駆使して病名を特定していくという楽しみ方や、検視官となり司法解剖から現場調査をこなして死因を解き明かすという、推理ゲーム的側面も楽しむことができます。
0304
※人妻やJKのブラも見れるぜ。逆にサービスはここだけの固いゲームだけど(笑)

さらにストーリーもこの6ジャンルの医師達を中心にオムニバス形式で進行し、最後は全員で病に立ち向かうという王道は外れません。医療ゲームが気になる方はもちろん、SLGというジャンルをプレイされない方にも是非オススメです。
これを機にWiiを買うというのはさすがにオススメしませんが、ホコリをかぶったWiiがある方は一考してみてもいいかもしれません。


スマホ専用ソフトレイジングループ
これは近年人気の人狼ゲームをモチーフとした、スマホアプリのADVになります。
突如迷い込んだ村で人狼殺人事件に巻き込まれ、選択肢で考察していきながら謎を解いていくミステリーホラーです。スマホゲーとしてはなかなかのボリュームですし、何より人狼ネタの落とし込み方が非常に上手いです。

ただ、人狼ゲームをプレイすることが出来て、なおかつ好きであるということが前提になるかと思います。
そうでないと声優や主題歌のクオリティの低さや、解決編の精度の甘さ、随所に滲み出る同人ゲーム臭さに辟易とすること間違いなし。
これだと褒めているのか貶しているのかわからん紹介ですが(笑)、とりあえず導入編の1ルートは無料で(序盤の1話完結まで)出来ますので、気になった方はそちらを触るのをオススメします。本編は1000円ぐらい。

良い意味でも悪い意味でも原作のひぐらし的な雰囲気がありました。


DS専用ソフト裁判員推理ゲーム 有罪×無罪
これは1年前ぐらいに紹介した気がしますが…その名の通り裁判員を体験するゲームとなっています。
逆転裁判のようなエンタメ性は無く、証拠や証言から推理をして真実を導き出していくのが主な流れ。実際の裁判員制度と同様にプレーヤーの進め方次第で判決が変わるという、マルチエンディングを採用しています。
第2話などは特にシナリオも良くできており、この固さはマイナーゲーム界でも知る人ぞ知る1作です」。



スマホ専用ソフトゲームで裁判員! スイートホーム炎上事件
そしてこちらが裁判員体験型ゲームのスマホ版です。これは大阪の弁護士会らが企画・制作した裁判員シミュレーションゲーム。
こちらも選択肢次第でエンディングが変わってしまうので、前述の有罪×無罪と同様に非常に真面目なゲームとなっています。さらに全編無料でプレイできる為、有罪無罪の体験版と言う位置づけで問題ないように感じました。



PSP専用ソフト遠隔捜査 ~真実への23日間~
これは私が実際にプレイしたのはかなり昔のことになりますが、冤罪証明ゲームというまたニッチなカテゴライズです(笑)
合言葉は「それでもオレはやってない」。探偵が殺人事件の罪を着せられ、23日間獄中にいたまま冤罪を晴らす本作は、他では類をみない切り口です。このネタ自体がADVファンにはたまらないのですが、そのうえ多視点のオムニバス形式で探索パートなどが混在します。一般ゲーマーにも全く飽きさせない作りとなっており、全体的に完成度の高い作品となっています。



DC,PS2,PSPソフトMISSING PARTS the TANTEI STORIES
最後に推理ゲーム界では超有名ですが、一般的にはマイナーと思われるこちらです。
まさに王道の推理ADVで、システム周りは非常に扱いづらく古臭いですが、シナリオだけは本当に素晴らしい作品です。
今でもフルボイス化&続編を待ち望んでいる究極のミステリーゲームでした。




以上、誰得ADV&SLGゲーム紹介でした。
それでは皆さん2016年も宜しくお願い致します。抱負? とりあえず3DSかPS4買う(買うとは言ってない)。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/300-612aa50c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。