2014FIFAクラブワールドカップ ブラジル大会

2014年06月18日 15:15

ちぇっす! ごぶさたっす!うぇっしゅ!!(錯乱



しばらくぶりですが今日はサッカーのお話。
ついにW杯が開幕しましたね! 本来は開幕前に書くつもりだったのですが、どうにも忙しくなってしまいこんな時期にゲフンゲフン。ベスト16予想や優勝予想なんてする気はさらさらございません。総括と展望をまとめていきたいと思います。


まず先日のコートジボワール戦をよくあるイタリア採点方式で簡単にまとめてみます。
数日空いてだいぶ戻りましたが、負けた時のテンションは酷かったのを覚えています。

川島 5.0 2失点目は左手一本でいけば防げたかもしれない。どちらにせよ強豪国のGKと比較するほどの安定感には達していない。フィードの半分以上がロングボールだった点も、なにを意図していたのか理解に苦しむ。

内田 6.0 攻守に上下し、攻撃ではいくつか連動した動きを見せた。守備でも何度もボール奪取を繰り返し、コンディションはかなり戻ってきている。

森重 5.0 相手のFWの速さを警戒し常に引き気味に。自分の持ち味を生かすどころか、吉田とのライン統率がとれずぐずぐずの守備をしてしまった原因。ザッケローニの戦術、前3戦の練習試合の内容を完全にひっくり返し、今回に限って言えば所詮国内レベルのDFと言わざるを得ない。

吉田 6.0 何度かインターセプトを成功し、いくつか積極的なビルドアップも見られた。問題なのは森重、山口と考えを共有できなかった点。今までの守備システムを明確に捉えていたのは吉田だけだったのかもしれない。
ヤヤトゥーレを倒したシーンはPKをとられても文句は言えず。

長友 5.5 不運なことに終始守備で1-2の状況を背負わされ、全て自サイドから得点を与えてしまった。序盤から香川とどちらが先に詰めるのか守備の連動ができず、ここの意思疎通ができていれば違った展開になったのかもしれない。

山口 5.5 最後まで走り続けチェックもフォローも及第点だが、ボールを拾ってからのパスミスが多すぎた。最低限としての役割はこなせたが、良さは出せず。

長谷部 5.5 コンディション不足も守備に奔走。攻撃参加ではカウンターに参加できず、効果的な縦パスやワイドな展開を供給することができなかった。しかしバランサーとしては今後も必須なキープレイヤーの一人。

(遠藤 5.5) 交代直後パスでリズムを作ったが、防戦一方でラインも下がり本来の攻撃的な持ち味は生かせなかった。

岡崎 5.0 持ち味の飛び出しがはとんど見られず、本田との距離感も悪かった。後半も同じ動きの繰り返しで攻撃にアイデアが見られなかったのが残念。ビハインドでリスクを負えない点取り屋では意味が無い。

香川 5.0 一瞬のキープも展開に乏しくロスト、そして追わない。パスミスも多く本田との効果的な崩しは見せることができなかった。日本の持ち味の左サイドが崩壊し、敗戦の原因の一つ。

(大久保 5.0) 交代選手の役割を果たせず。展開を打破しようという意識は感じられたが、流れの中で理解できる人間が少なく、連携不足は否めない。

本田 6.5 唯一の得点シーンは素晴らしいタッチとボディバランスで、エースの名にふさわしい世界基準のゴールだった。しかし本戦になっていきなりFWを追い越してプレスにいく姿は周囲の混乱を招いた。中盤が間延びしてしまいボールの取りどころが崩れ、ポゼッションサッカーができなかった原因の一つ。
民の声を聞く王様となりここを修正しなければ勝機はない。

大迫 5.0 動きはあったもののストライカーとしての仕事はできず。本田を後ろに下げて大迫が果敢にプレスをかけていれば、もっと違った形になっていたはずだがそのような機転も利かなかった。

ザッケローニ 5.0 調子の悪い香川、形の作れない大迫に見切りをつけるのが遅かった。また本田を1トップに据えたり、最終盤に吉田をパワープレイ要因として前線にあげたりと、これまでほとんど試していない形を用いたのは素人目には全く理解ができない。
本田の暴走やDFラインの問題点にも気づいていたはずなのだがそこを修正できなかったのは、監督にもなんらかの原因があるのは間違いない。(まさか発言力が無いわけではあるまい…)


長くなりましたが、ガゼッタ式に辛口でいってみました(笑
ラモスどっかの番組で言っていたけど、とにかく残念なのは日本がこれまでと全く違うサッカーをしていたというところ。采配に関しても、今までの親善試合ではほぼ見られないゼロトップやパワープレイetc...
負けた後NHKでお通夜ムードの一人だった豊田は、あんなプレイするなら俺一人呼んどけやって絶対思ってたはず。ザックの迷走といっても過言ではない。

ただ、もちろん俺は諦めていません。残り2戦2勝でGL突破を本気で信じています。
修正点は下がり過ぎのDFラインをいつものシステムに戻すこと。調子は悪そうだけどシステム理解度の関係で今野をスタメンに戻してもいいかもしれない。現状の森重の守備的CBリズムではコロンビアには絶対勝てないので。
そしてもう一度ボールの取りどころを決める。本田とCFで前から追うなら蛍も長谷部ももっと前線にポジショニングしなければいけないし、中盤付近でとるなら誰か本田を止めましょう

攻守共に密に関わってくるこのシステムがしっかりと復活すれば、コロンビアに勝つ可能性も十分にあると私は思っています。ネガティブな記事や意見が多いですが、ファンの皆さんはここで応援しないでいつ応援するのでしょうか?



ギリシャ戦。4年間やってきた代表本来の姿を見せてくれるはずです。軒並みですが…
ガンバレ日本!!!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/281-39245a29
    この記事へのトラックバック