--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新海誠最新作 言の葉の庭

2013年09月24日 19:35

公開からはや数カ月、ようやく地元長野で観てきました。(ネタバレあるかも注意)






良かったです。良かったです。






星追いなんてなかったんd
ほしのこえから始まり雲の向こう、秒速と恋愛作品を作り続けてきた新海ならではの、恋物語でした。ファンからすればほぼ文句のない出来で、あえて言わせてもらえば"短い"というとこぐらいだろうか。

当初はザーさんの声とキャラのギャップに愚痴をたれていましたが、終わってみればなぜあんなに幼く不安定な声を起用したのかも十分に納得できました。たった1時間の作品でもお互いの心の変化を疑うことなく見れるのが、新海作品の真骨頂といったところでしょうか
作画に関しては本当に全くなにも言うことが無く、雨の描写、お得意の電車の描写等、現実感溢れる非現実空間という独特の美しさに一層磨きがかかっていた。感嘆の一言に尽きる。作画担当のみなさんもお疲れ様です。

驚くべきは冒頭に流れた7分のショートムービー、『だれかのまなざし
涙腺がものすっごく弱い人は映画が始まる前から泣けるレベルの、非常に王道で心温まる物語でした。
おい新海、あざといぞこのやろう。こちらはYoutubeで公開されているのでリンクを貼っておきます。



感想に戻ります。新海誠の作品を見るなら仕方のないことですが、今回も正統なハッピーエンドとはいきませんでした。もちろん悪くはなかったのですが、こう来るならやはりあと30分は欲しかったです。
一般的にはタカオが成長してユキノをもらいに行くなどと取るのかもしれませんが、新海的にはあの後、結局二人は疎遠になってしまうという、現実的なメッセージを伝えたかったのだと思います。毎回いろいろな感じ方があるべきだと本人も発言していますしね。彼は初恋=失恋であるとも考えているようなので、長く見てきた人からすればこれは軽いバッドエンドにしか見えないわけです(笑) そう捉えるとやっぱりもう少し長く二人の物語を見せてほしかったです。

いつか新海誠作品で真のハッピーエンドを迎えるその日まで…ということで8点台あたりの評価に。
次回作も当然恋愛作品で、期待しています。




というわけで一通り感想を書きました。少し大人で、中身は子供な恋物語だったので、かなり幅広い層に受ける作品だったと思います。ポスト宮崎というには全くベクトルが違うけれども、もう少し知名度が広がってほしいなぁという本音はあります。

今期のアニメのまとめは来週頭に、来期のオススメアニメまとめは再来週末ぐらいになると思います。
実況プレイのほうも10月いっぱいで一区切りつきそうです。次のゲームは例の如く全く未定。


宣伝。良かったらコメントとかしてやってください。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/267-5da996ba
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。