2013冬アニメ一斉まとめ!

2013年04月13日 05:15

*更新* さくら荘のペットな彼女、リトルバスターズ!を追加

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。目安としては

8点視聴中・視聴済アニメ一覧で茶色以上に該当。
7点~取りあえず時間ない奴はこれ見とけ!
6点~まあまあ良作。ここら辺見とけば楽しめる?
5点~普通か微妙か。見なくても全然困らない。
それ以下~駄作。大半が見るだけ時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
  タイトル
――――――――――――――――――――――
6.7 バクマン。3
6.3 PSYCHO-PASS サイコパス
6.0 ビビッドレッド・オペレーション
5.8 まおゆう 魔王勇者
5.6 さくら荘のペットな彼女
5.5 ROBOTICS;NOTES
5.5 新世界より
5.2 イクシオン サーガ DT
5.2 僕は友達が少ないNEXT
4.9 リトルバスターズ!
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。


バクマン。3  夢追う二人の集大成 6.7点
最初から最後までとても面白い作品でした。1期から3期まで全くぶれないクオリティはさすがNHK。こういう力のある作品をこれからも作り出していってほしいですね。アニメーションの美点が詰まった良作でした。


PSYCHO-PASS サイコパス  ドラマのような劇場型脚本も評価は無難 6.3点
刑事ものとしては良くできていたが劣化攻殻感が否めない。一番悪かったのはヒロインであるアカネというキャラクターだろうか。主人公にするには器不足だし、最終話の流れをまとめるには弱すぎた。狡噛との恋愛面を表現する回が少なすぎたためか(というか恋愛させるべきだった)視聴者が3人の絡みにノリきれない。
2クールという長めの作品だったのに、事件一辺倒だったのでもう少し起伏が欲しかった。


ビビッドレッド・オペレーション  虹色戦隊ビビッドレッドオペレンジャー 6.0点
一言でいうなればプリキュアであり戦隊ヒーローシリーズである。深夜アニメではなく日曜朝アニメであり、我々大きいお友達に童心を思い出させようとする股間督のメッセージ作品なのだ。
内容ではなく明確な敵、変身、仲間と友情を深め協力して戦う→敵が強大化、合体・愛と正義のファイナルアタックという熱い流れを楽しむのだ。(童心だ童心、深く考えてはいけない)


まおゆう 魔王勇者  魔王とイチャイチャするRPG☆ 5.8点
初回の盛り上がりはどこへやら。魔王がちょっと交渉と貿易に手を出しながら勇者とベタベタするだけのアニメ。勇者の戦闘シーンがないなど戦いの描写はたいして評価するところがなく、駆け足脚本も毎話あらすじだけを見せられているようで深みがない。魔王可愛いねで12話楽しむ人向け。


さくら荘のペットな彼女  なぜ2クールだったのか。 5.6点
1クール目は良かった。途中とはいえ各キャラの話をしっかりまとめて、未来へ向かっていく方向性で閉じていたし。2クール目からだんだん主人公の優柔不断と暴走っぷりに嫌気がさしてきて、主人公としては残念なキャラクターだった。美咲と仁の先輩コンビの話のほうが倍面白かったです。


ROBOTICS;NOTES  最初で最後の21話 5.5点
21話に関して言えば、ロボットアニメとして盛り上げどころである決戦前の描写が丁寧に描かれていて、非常によかった。しかしそれまでの過程でわかりづらいうえに、宇宙設定やオーパーツ、人類滅亡等かなり投げやりなまとめ方に疑問。とりあえずぶっこんどけば壮大感でるだろ的なシナリオには失望を隠せず。


新世界より  世界観・雰囲気・後半の巻き返しに及第点 5.3点
最終話まで耐えきると、少しは楽しめる内容だっただろうか。序盤中盤の中だるみが酷すぎたが、最終話でしっかりと説明・回収が行われたおかげで、非常にスッキリと終われた作品だった。幼少時代の悪鬼に関わる学園パートをもっと短くして、化けネズミが重要なファクターだという部分を早くからやっていれば、印象は変わったのかもしれない。


絶園のテンペスト  生きるべきか、死すべきか。それが疑問だ。 5.3点
もうひとつシェイクスピアの一説からとれば、終わりよければ全て良しでしょうか。1クール目の途中あたりからgdgdし始めて、特に目立った起伏もなくそのまま終わってしまった。予想に反して誰も死ななかったのが不思議だ(妹を除いて)。物語の暗さを強調させるために誰か逝くかと思ったんだけど、拍子抜けかな。


イクシオン サーガ DT  最低で最高な夢のお話 5.2点
ギャグアニメです。話数によって脚本の出来が極端だけど、そこそこ楽しめるのではないでしょうか。
ゲームのイクシオンサーガとは似て非なるどころかほぼ全く関係ないのでご注意ください。


僕は友達が少ないNEXT  すべてをブン投げた最終話に失望 5.2点
特に変わり映えもしない初回だったが中盤以降から小鷹のトラウマの真相にスポットがあたり、そこをしっかりまとめきることで作品として大成…するはずでした。制作が投げたね。一番やっちゃいけないことした。オリジナル展開でしっかりまとめりゃ良かったじゃん。例え含みを持たせたかったとしてもこの終わりはないわ。後味の悪さしか残らないアニメでした。


リトルバスターズ!  ここまでがプロローグ 4.9点
ほぼ原作通りに進んだが、まあ予想通り全く面白くなかった。原作で面白かった美魚√も微妙だったので、一概に原作だけが悪かったとも言いづらいが。
ですがみなさん、この作品はここまでが導入編みたいなものです。リフレインの出来によっては手のひら返しするかもしれませんのでご了承下さい。(リトバスはアニメ化するべきじゃなかった)


◆総評◆
2013冬アニメチェックの際に私が推していたのは、ビビッドとまおゆうでした。結果化けるアニメはありませんでした。最近はそこそこのクオリティを維持するアニメが増えてきたのですが…
感動できるアニメがない!
放送中の宇宙兄弟も、ほんの少し失速気味だし、バクマンは感動系ではなかったし。なんかこう胸がギュッとなるような恋愛物やSFもの、ファンタジーものなんかやらないかなぁ。

あ、今期のアニメの総評だっけ? 特にないよいつもと同じ。
ビビッと来るものはありませんでした。予想通りの厳冬

さてちょいっと来期の話しますが、今のとこ全然面白そうなのがないっす(笑
ギャグ枠はアザゼル2期の1強として、平井久司ファンとしては銀河機攻隊マジェスティックプリンスに期待します。
次回の春アニメチェック記事は全部の1話がくる来週水曜ごろになります。






追記は宣伝。

Part20までには終わりそうです。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/254-e4cf7e4e
    この記事へのトラックバック