--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白くない日記。

2012年10月17日 14:33

踊る大捜査線FINAL見てきました。以下若干ネタバレあり注意。

3よりは随分マシだった。ちゃんと笑えるカットもあったしね。最後ということでシリアスな場面が多かったけど、それはそれで2のような緊迫感が出ていて良かった。
ただ、また見たいかというと答えはNOかなぁ。ぶっちゃけFINALと謳った割にはまとめてほしい部分が曖昧だし、最後のトラックもちょっと無理がありすぎてどうなの。雪野さんもチラッとだし真下も活躍しないし。なにより室井が自由にしたあと、青島と他の警察官の協力感の薄さが酷い。一緒に戦ってるぞ! みたいな画が欲しかった。

スピンオフで続編作るのはありじゃないかな。ユースケはやりたがってるみたいだし、真下2でも木島2でも面白い物ができると思う。まあ踊る自体はこれ以上作るべきじゃないけど、FINALらしくはないなという印象でした。



次はフランス戦の感想を。
本田、前田落ちでどうなるかと思ったけど、結果的に勝ったのは素晴らしい。
前半は長谷部とハーフナーがうんこすぎてボールが全然キープできない。後半もずっとそんな感じ。香川の調子がいいのは明らかだったから、香川をトップ下にして乾が左にはいってからようやく機能しだした。
あとは俺の長友が後半30分あたりからぐいぐい効いてきて、最後は今野の大爆走から→長友→香川でFinish。

本田、前田と前でキープできる選手が1人もいなかったから、前半攻めれなかったのは正直必然だよね。最初から香川トップ下にして、1TOPも乾や寿人でスタイル変えていって良かった気がする。ブラジル戦も本田が間に合わないなら絶対変えるべき。マイクは後半残り10分だけで良いよ。

そして忘れてはいけない。今回のMOMは川島。
スーパーセーブ連発で3点は防いでくれた。初勝利の一番の功労者は間違いなくこのドヤ顔である。


そしてブラジル戦だけど・・・日本の攻撃自体はフランス戦とは比べ物にならないくらい良かった。本田1TOPの、実質ゼロトップみたいな形だったけど、前田がいない現状としてはこれが一番だった気がする。本田、香川、遠藤、憲剛のワンタッチのパス回しが上手くいってたし、前半は何度か決定機も作れてた。そのぶんサイド攻撃が薄かったかなというのはあるけど。

ただ昨日の試合は点の取られ方がよくなかったよね。特に1点目が。日本がゲーム支配してるなかミドルでズドン。あの1本で世界との差が見えた気がする。2点差からはもう日本の右サイドがボロボロにやられて止まらない。メンタル的にも動けない選手がチラホラでてきてこれからの課題。



この2戦を通じてまだW杯で優勝できるチームには仕上がっていないと言うのが確認できたはず。でもここからどう進化するのかワクワクする! 今後も欧州の強豪国とドンドン試合組んでいってほしいね。国内組もレベルの違う世界で経験しないと!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/237-6df76099
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。