2011夏アニメ一斉まとめ!

2011年10月02日 21:11

*更新* 青の祓魔師を追加


※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。目安としては

8点視聴中・視聴済アニメ一覧で茶色以上に該当。
7点~取りあえず時間ない奴はこれ見とけ!
6点~まあまあ良作。ここら辺見とけば楽しめる?
5点~普通か微妙か。見なくても全然困らない。
それ以下~駄作。大半が見るだけ時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
  タイトル
――――――――――――――――――――――
8.9 うさぎドロップ 
7.7 Steins;Gate
7.5 TIGER & BUNNY
7.4 花咲くいろは
6.5 異国迷路のクロワーゼ The Animation
6.5 日常
5.6 神様ドォルズ
5.6 青の祓魔師
5.6 ダンタリアンの書架
5.2 セイクリッドセブン
5.2 神様のメモ帳
4.9 ゆるゆり
4.9 まよチキ!
4.8 No.6
4.2 BLOOD-C
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。

うさぎドロップ  脚本演出文句なし、絶妙な温かさに涙。 8.9点
近年稀にみる超良作品。温もり溢れるタッチで描かれた親子に毎話涙をこらえるので精一杯。演出も様々な角度や効果を巧みに使いながら、受け取りやすく響きやすい非常に良い物語だった。アニメーションだから出来た感動であり、アニメというモノの良さを再認識させられた。黒歴史2作を差っ引いてもまだまだI.Gの時代だ。
まとめ記事を始めて初の青字該当。是非多くの人に見てもらいたいオススメの一作。


Steins;Gate  繰り返されるタイムリープが紡ぐ未来は―。 7.7点
最近では久々の"タイムトラベル"を題材と扱う時点で両極端のシナリオが予想されたが、大胆かつ綿密に練られた非常に完成度の高いシナリオだった。恐らくトゥルールートであろう終わり方も、無理なく素直にまとめあげていてよかった。
一つ言うならば紅莉栖を救うまでが駆け足だった点。もっともっと厨二らしく引っ張る解答編になるのかと思いきや意外とわかりやすくあっさりとしていた。好みのレベルだが個人的にはもう少し時間を複雑に使った面白いトリックがほしかった。


TIGER & BUNNY  おじさんヒーロー大活躍! 7.5点
男心をくすぐるヒーロー王道もの。ドジでお茶目なのに大事なところでカッコいいというイケメン虎鉄のキャラ立ちが素晴らしい。シナリオも大筋はベタに固めつつメリハリのあるもので飽きない楽しさがあった。
ただ最終3話あたりは随分とあっさりとしすぎてしまいかなり物足りない印象。虎鉄についての記憶や復活のあたりはもう少しどうにかならなかったのか。なんだかここだけ手を抜かれた感じで残念。
最後の最後に1クール目のOPをもってきたので、まぁそこを妥協点ってことで(笑


花咲くいろは  美麗な作画に多彩な演出、エネルギッシュな大輪の花。 7.4点
P.Aの良さを存分に生かした非常に丁寧で美しいアニメーションだった。作画や演出面でいえば今期No.1。迷い悩みがらも常に突っ走るヒロイン緒花から元気をもらえる、非常に活力溢れる作品だったように思う。
残念だったのは不幸ちゃんの存在感。中盤に中だるみするぐらいならこうちゃんの絡みをメインにすればいいのに、最後までgdgdでここだけ格段にテンポが悪かった。やっぱり1クールで良かったやんこれ。
驚異的なクオリティ維持、是非P.Aにはスタンスを崩さず丁寧な作品を作り続けてほしい。


異国迷路のクロワーゼ The Animation  賢明で健気な少女の紡ぐ、癒し系日常アニメーション。 6.5点
湯音というキャラクターと舞台の雰囲気や全体の空気感がとても心地よい作品だった。シナリオとしては日常一辺倒だが一つひとつのテーマがはっきりとしていて気持ちの良い仕上がり。湯音の笑顔を巧みに使いながら柔和で優しい演出にも文句なし。


日常  あざとい可愛さ、豊富なネタ数。 6.5点
さすがの京アニというべきか純粋に面白かった。ギャグアニメというのは非常に難しい。そんな中あれだけのネタを一話で提供できるのは素晴らしい。もちろん外した回もあったが、そこは持ち前のキャラの良さで押し切ってありそこもGOOD。制作のセンスにまざまざと魅せられた作品であった。EDも年代ど真ん中で楽しかった!


神様ドォルズ  不完全燃焼なんだろそうなんだろ、そうです。 5.6点
完全に不完全燃焼です。というか!w 主人公覚醒の序章終了で2クール突入ってとこで終わり。確定2期とか当然だろw むしろ来週からやれよww
何が言いたいかというと、せっかく面白くなってたのに・・・2クールにしとけやアホおおおおおおおぉぉっ!
あ、普通に良いアニメなんで2期では6点越え間違いないです。


青の祓魔師  及第点の評価も日曜5時枠としては物足りず。 5.6点
全体的にうまくまとまった感じで、きわめて平均的な作品。序盤のクロあたりの話は結構良かったんだけど、ブラック弟がパラディンになるあたりからがどうにも盛り上がりに欠けた。
まーた映画化か・・・どうでもいいなぁ。


ダンタリアンの書架  ダリアン可愛いよダリアン。 5.6点
完全にGOSICK枠。ただ1クールでさっくりまとめたのは好印象。とにかくダリアン推しのアニメだったが、納得できるキャラクターの魅力はあった。物語もそこそこに面白い。ただ最終回の話は2話ぐらい使った方がよかったのではないだろうか。


セイクリッドセブン  終盤の噛みあわない脚本も、作画・音楽は評価。 5.2点
いちばんうしろの大魔王を思い出させる強引なまとめ方で大爆発。ナイトやラウとアルマの絡みが急ピッチで進みすぎたうえに、ラス2話からいきなり最終局面突入という混迷っぷり。これもまた2クールを視野していたが打ち切りでぶっ込んだような作品だった。サンライズの強みである戦闘シーンはぬかりなかっただけに非常に残念。


神様のメモ帳  期待していた面白さはなく、ただただ低調な物語。 5.2点
舞台は悪くないがなにか物足りない作品。話自体に真新しさがなく起伏や転調もないダラダラとしたシナリオが辛い。見ていても感情が揺さぶられず、ある意味一番生産性に乏しいアニメだったのかもしれない。主人公のキャラクターは魅力がなく、ヒロインも登場キャラが多すぎるせいかマスコット状態で薄い。人の感情がベースの作品としては残念なものだった。


ゆるゆり  ゆるゆる。 4.9点
よくある学園日常系アニメ。特に百合は関係なく、女の子が面白可笑しく人生を謳歌する様をうつすあれ。
最終回はなかなか笑わせてもらったがキャラアニメなのでシナリオ自体に特筆する点はない。
百合ものが見たい人は他へどうぞ。アッカリーン。


まよチキ!  学園ラブコメスタンダード。 4.9点
シーズン1つはあるラノベ原作デフォアニメ。キャラクターの人気が第一なので特にどうこう言うべきジャンルではない気がしてきた。あえて言うなら笑える男キャラが一人欲しかったか。ハーレム系はテンポが変わらないので30分が長い。


No.6  すまないがホモ以外は帰ってくれないか。 4.8点
演出は悪くなかった。1話目から少し昔テイストな面白さに期待をもったのが失敗だった。
シナリオが悪過ぎる。エリウリアスは結果的に意味不明で、No.6に対する破壊の真意やそれに関わる人間関係は説明不足。紫苑の心の変化の過程がわかりづらいうえ、敵というものが曖昧すぎて沙布の立ち位置も微妙。何があって何をしたくてどこに向かいたかったのか、全て制作側だけで納得している作品。いわゆる「よくわかんないやこれ」ってやつ。
終始ホモ√も沙布が可愛そうで可愛そうで・・大化けの可能性?なかったなかった。


BLOOD-C  ん? 4.2点
なんか言うことある? まあたくさんあるかな。多いから後述で(呆



◆総評◆
今期は断トツでうさぎドロップ。次点でSteins;GateTIGER & BUNNY花咲くいろはと非常に豊作だった。タイバニはネタも豊富で新しい企業宣伝の形やTwitterの活用など、あらゆる視点から楽しさを提供してくれた。続きを臭わせる終わり方だったので是非次回も期待したい。期待のP.Aも安定していて良かった。

I.Gにとってはまさに天国と地獄という表現が相応しい。
うさぎドロップは最近のアニメの中では一線を画する出来だった。久々に来週が楽しみになるような作品。これといった不満もなく非常に多くの層からも受けいれられるようなものだった。

しかしBLOOD-Cがやらかした。もしドラと並びI.Gの黒歴史といっていい作品。見なかったことにしたい。なんといってもまずは糞シナリオ。中盤までなんら進行しないストーリー展開にだれ、終盤のネタバレ以降も特にたいした発見が感じられない。10話あたりまでを3話でまとめ、完結編の映画を中盤から当てても尺が余るレベル。
設定もひどい。前作のBLOOD+と比べてあまりにも低すぎる血の重要性。舞台もよくある三流小説で、出てくる敵も、キャラもセンスの悪いものばかり。
そして目につくのがグロ描写。小さい頃トラウマレベルのグロ漫画を読んでからかなり耐性があるので別段そこを否定しようとはしない。ただ作画というものは脚本ありきであるということを忘れないでほしい。結果的にグロアニメだという総評を受けるのも自業自得。人間をミキサーでグチャグチャにする暇があるならしっかり話作れ。自己満足で作るグロアニメほど面白くないものはない。

迷走するI.Gに不安を隠せないが、とりあえず来期のギルクラはスタッフが違うと思うので期待を。ただ設定やPV見る感じものすっごいコケそうなんだよなぁ。他にも目立ったタイトルはないし、秋は本数減らしてまったり過ごすことになりそう。



そうそう番宣になりますが、昔教育でやってた電脳コイルが期間限定で全話無料視聴できるみたいです。
↓こちらの公式サイトからどうぞ。
電脳コイル 公式サイト
面白いんで時間ある人は見てみて。画質悪いのは承知の上だけど、音がちょっと・・・まあ作業しながらなら( `・ω・´)
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/197-f0db6813
    この記事へのトラックバック