--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星を追うこども

2011年06月20日 18:38

星を追う子ども ようやく見てきました。
舞台挨拶以降と思って地元公開までまったのに結局いけないとかねw まあ今の仕事続けてればいつかは会えるかな。
では感想のほうに。以下ネタバレ含む。








それはさよならを言うための旅―

このキャッチコピーをもう少し考えておくべきだったかもしれない。
これまで3作にあたって恋、愛といったテーマを中心に心の距離を描いてきた新海誠。そのイメージを払拭してから見るべきだったのか。
今回は心の距離というより生と死のほうがよりテーマに近い意味合いとなっていた気がした。心の距離という点ではモリサキから描いていたようにも見えるが、相手が死んでいるためそれも過去語から入るという今までにはないスタンス。この時点で過去3作とはがらっと変わっていた。

最初に驚いたのが怪物、ケツァルトルの登場。この時点で一線を画していた。ファンタジーアニメといえば有名なのはジブリだが、良くも悪くもジブリ調で、今までより非常にライトな入り方だった。専門用語も今回多めだったが、説明は十分。世界観としてはチャレンジの4年後としては非常に良かったと思う。

物語としてはわかりやすいのだが、前述したようにヒロインの恋愛事情が心の距離を描くのではという固定概念をもっていたので、アガルタへ来たアスナの心情を理解するのに時間がかかった。アスナは答えとして「私はただ寂しかったんだ」と導き出すのだが、視聴者側がこれを予想するのは難しかったのではないだろうか。特に初見でないファンの方が難しかったのではないかと感じる。
そういう意味で今までとは違い、主人公に感情移入するのではなく3人称視点で物語を見ている感覚だった。その中には今まで多用してきた1人称でのセリフ回しが少なかったのも関係する。語りのセリフをいれることで新海作品には言葉の重みがあったのだが、今回はファンタジーとしての構成にもよるのか、組み込み方が難しく消えてしまったのではないだろうか。非常に残念でならない。


光の使い方・配色の美しさにおいては今まで以上のクオリティで、相変わらず日本一は間違いないかと。華麗な彩色で彩られた背景等、誰が見ても息をのむような作画である。キャラデザなどはともかく、彩色を見て名前がわかる作画師はそうはいない。さすがとしか言いようがない。

気になったのは音楽。前2作のような主題的な曲が、まぁあるには合ったのがとても印象が薄い。曲自体は天門もジブリ調によせたような曲が多く、もちろんそれはそれでよかったのだが、大きく印象付けるような心揺さぶる音楽がなかった。これもシナリオが今までと違い非常に淡白に流れているところに起因したのだろう。


初見にはすごく出来がいいように感じる。より大衆向けに近い作品になっていた。それゆえに今ままでの新海作とは全く別のものだと捉えて見なければならなかったのだろう。
長々と書いてきて思われるように、過去を引き合いにだしているあたり、それができなかったのが私は残念で仕方ない。ただ秒速から長く時が流れ、ようやくの新作ということで期待が高すぎたのも原因のようだ。
個人的に期待外れだっただけなのかもしれない。
昔も今も純愛アニメーションは数多くあるが、新海誠ほどに丁寧に心を描いている作品は年1本もあればいいほう。だからこそ新海が描くラブストーリーをまた見たかった。結果としてそうではなかったため、消化不良のような感情を抱いてしまったのかもしれない。

王道なファンタジーアニメーションではない。それゆえにコミカルなシーンは少ない。しかしヒロインの想いや呼応する人々との関わり、心の掘り下げが今までより浅い。世界観を広げ、視点も増やしたのだがその代償として心の距離が緻密に描き切れずにどっちつかずになってしまった。新海節が埋もれてしまったのが私の最大の不満点である。





とまあこんな感じで。やっぱりどこかで純愛ものを期待してた俺が、なにより一番悪いんだろうねw
ただ次回作があればやっぱりそういうのが見たいかなあ。別に今回の星追いがつまらないとか全然そういうわけではないんだけどね。ただ秒速に心うたれた一人としては、あれを超えるような物語を生み出してほしいと期待しちゃうわけですよ。
スポンサーサイト


コメント

  1. さーりー | URL | wLMIWoss

    心のどこかで思ってたことを書いてくれてありがとうございます
    秒速と雲のむこうの中間ぐらいの作品が見たいっす
    語りがないとか大分へこみます DVDでいっかなあ~


    Surly_bookworm さーりー
    秒速の小説を半年かけて読み終えたんですけど かなりショックでした
    なんで一番初めに見たアニメが秒速5センチメートルだったんだろう、って。まず基準がなかったし良し悪しもよくわからなかったし。今、わりとアニメを嗜んでるこの状態で、記憶を消してもう一度秒速を見れたら、って。
    1時間前

    ぜろさんにオススメされて秒速見たけどこれを一番初めに見せたのを今になってちょっと恨んでます

    あとはシュタゲがめちゃくちゃ好みで、好きそうって見解は間違ってなかったよ! っていうのと
    ぜろさんは『Message in our silence』が好きってイメージを勝手にもってるんですけどもってていいですか?

  2. ぶい | URL | vZ8/ezjk

    >さーりーさん

    正直それはすまんかった。

    Message in our silenceはそれであってる( `・ω・´)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/182-73ef38f3
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。