--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンクルナイサ

2011年06月13日 22:54

BLOOD+見終わりました。以下感想(ネタバレ含む)。



ただ明日が欲しかった。それだけのことなのに―

全50話見終わりました。放送当時は途中で切ったと思い込んでたけど、やっぱりこれも最終回まで見てたみたい。なんともいいがたい、とにかくただ明日を求めて必死に前に進み続けた人たちのお話。生命とはなにか生きるとはなにか、切なく訴えかけてくる作品。
また小夜とディーヴァ、彼女らを隔てた人間の欲深さ、愚かさ。彼女に明日を見せたかった人間の温かさ、愛。消えることのない人の欲求のなかで成長する心を緻密に描いた丁寧な作品。

非常にいい作品でした。

印象に残ったのが距離感と涙。小夜を愛するがゆえに、最後まで距離感を保ち小夜の心を安易に揺さぶることしなかったカイとハジ。切なかったけど優しさにあふれていて女なら発狂ものですね(笑
そして簡単に流さない涙が、小夜の成長を強く表現していてGOOD。ここらへんの作り手の思いがよりいっそう人を丁寧に表現しているなと感じさせた。

長いし30話付近に結構ダークな雰囲気が続くのですが、それを差し引いてというかそれあっての作品です。機会のある方は是非。



茶字にBLOOD+がランクイン。さて今期はどうなるか。
今のとこシュタゲとあの花の終わり方次第。アザゼルさんもめちゃめちゃ面白いのでワンチャン。虎兎と花いろを安定しすぎて逆にという意味不明な事態。何事もつきつめすぎると理想が高くなりすぎていかんね。星追い大丈夫だろうか・・・。これが俗にいうオタクというやつなのでしょうか。

BLOOD+(OP4-TVsize) 雷音 / ジン

Mステ初登場のパフォで会場と姉貴がドン引きしたのを今でも覚えてるw 解読不能もそうなんだけど、ずっと聞いてると地味に頭に残る謎の中毒があるんだよね。ちなみに昔からずっと思ってるけど声優やればいいんじゃねえかなこの人。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/179-681798c6
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。