2010秋アニメ一斉まとめ!

2010年12月31日 18:29

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。目安としては

8点視聴中・視聴済アニメ一覧で茶色以上に該当。
7点~取りあえず時間ない奴はこれ見とけ!
6点~まあまあ良作。ここら辺見とけば楽しめる?
5点~普通か微妙か。見なくても全然困らない。
それ以下~駄作。大半が見るだけ時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
  タイトル
――――――――――――――――――――――
7.4 刀語
6.9 Panty&Stocking with Garterbelt
6.6 海月姫
6.5 荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ
6.5 おとめ妖怪 ざくろ
6.5 侵略!イカ娘
6.0 それでも町は廻っている
5.9 アマガミSS
5.8 神のみぞ知るセカイ 
5.7 俺の妹がこんなに可愛いわけがない
5.6 伝説の勇者の伝説
5.5 ヨスガノソラ
5.5 そらのおとしものf
5.3 心霊探偵 八雲
5.3 ぬらりひょんの孫
5.3 薄桜鬼 碧血録
5.2 屍鬼
5.2 アイアンマン
4.8 えむえむっ!
4.7 FORTUNE ARTERIAL 赤い約束
4.4 百花繚乱 サムライガールズ
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。

刀語  充実した制作体制は納得の完成度を実現。 7.4点
1話1話に時間を要することでクオリティは段違いに跳ね上がる、その象徴のような作品。わかりやすいシナリオや愛嬌のあるキャラデザの反面、派手な動画作り、時間をかけることにより実現した戦闘シーンの枚数は今季終了分随一。もちろん時間を費やすだけでなく音響など作り手のセンスが光る作品だったのは言うまでもない。ただラストエンドは好みがわかれそうだ。個人的には○○が××のかわからない程度が良かった。(ネタバレ抑止)

Panty&Stocking with Garterbelt  ハイセンスビッチアメコミアニメーション。 6.9点
1話で切った人今すぐ2話を見なさい(俺もその口でごめんなさい)。初回から下ネタ中心にビッチ天使がFuckと飛び回る地獄のような展開だが・・・最後までそうである。しかし見れば見るほどセンスの塊だった。毎回の小ネタにエロネタ、パロネタ。アメコミ風の作りに音響も大注目、そして極めつけの逆作画崩壊。取りあえず必ず1度は目を通しておきたい。
なのに・・・なんで最後・・・おい、やめろ・・・to be continued...

海月姫  婦女子の海月オタクに女装癖の王子様!? 異色の日常系ラブコメディ。 6.6点
少女漫画のような風体を成すこの作品。ノイタミナ枠で放送されるだけあり、しっかりとした脚本で毎話待ち遠しさを覚える出来栄え。クラゲと尼~ず、そして蔵之介との出会いにより成長していく月海の心。自分語も含め心理描写が非常に良くできている作品だった。またOPやタイトルなど往年の映画のパロを使用している点も注目してほしい。

荒川アンダー ザ ブリッジ×ブリッジ  期待通りのクオリティを供給もラストで力尽きる。 6.5点
笑える回が増え、ニノの真相を探っていく目標が定まったことにより1期から数倍面白さを増した今作。それだけに悔やまれる最終話。普段ならまだしも最終回で作画が微妙。さらにアレの問題を完全に丸投げしてなぜか突入するED。前回まで7点台余裕だったのがラストでどんでん返しとは・・・今期一残念な結末。

おとめ妖怪 ざくろ  正統派ラブストーリー、いざ、妖々と。 6.5点
ヒロインは今期1の破壊力。三者三様の思いを感じながらお互いの距離を深めていく王道のラブコメ。リケメン等々キャラの個性が際立ち見てて飽きを感じない。作画や音楽を含め空気感が良く細やかな作りを感じさせた。期待通りの終盤に、キスカットの憎さがたまらない。それにしても耳は反則だよ可愛いいから。

侵略!イカ娘  面白かったじゃなイカ! 6.5点
見れば見るほどイカ娘に愛着がわいてくる作品。終わってみればすっかり侵略されていた。3話構成のテンポもさながら、時々響く謎の感動に脚本の完成度の高さが表れていた。可愛いじゃないか、面白いじゃないか、また見たいじゃなイカ!

それでも町は廻っている  シャフト作りは健在。痛快に駆け抜ける非凡で平凡な日常。 6.0点
愛くるしいキャラクターの日常を描くコメディ。言葉を失くしても伝わるシャフト独特の効果は今回も良かった。愉快で同情で感動で投影で、個人的には弟と夜の街に繰り出す話が人間が引き立っていて最高だった。毎回違う顔をみせてくれるため常に安定して面白い、そんな作品。

アマガミSS  初回から脅威の破壊力、電波ラブリー。 5.9点
原作をプレイしていない初見者としてはそこそこ楽しめた印象。2次の世界でも珍しいキャラ、ラブリーの破壊力が恐ろしく、笑ったのは言うまでもない。初回から方向性を勘違いしそうだったがその後のルートは無難にまとまっていて良かった。少々詰め込みすぎ感はあったがそれもまあ七咲がいたので良しとしよう。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない  俺の地味子がこんなに可愛いわけがない。 5.7点
オタクの妹という切り口からアニメファンの心をつかみにいった作品。原作の評価がいいだけに下馬評が高かったが最後まで丁寧に作り込まれていた。妹や黒猫をたてる割には幼馴染が可愛すぎであり、不憫でならないため単純なハーレムに発展したのが減点(何

神のみぞ知るセカイ  王道ヒロイン集合も、構成脚本◎。 5.6点
久々に原作を知っているアニメが来たため、楽しめるかどうか非常に気になっていた今回。無難かと思いきやギャグとシリアスがしっかり混在出来ていた。落とし神のキャラ立ても良くテンポが滑らか、恋愛シミュレーションものとしてはなかなか良い出来だったと思う。2期もこの流れが加速する要素があり大いに期待。

伝説の勇者の伝説  大器晩成のダークホース。 5.6点
中盤~終盤にかけて急速に面白くなった作品。今期のダークホース的位置づけだったのかもしれない。それだけに序盤のつかみの薄さが悔やまれる。正確に評価するにはもう1度見直さなければならないだろう。流し見してごめんなさい。

ヨスガノソラ  噛みあわない雰囲気、脚本を汚す要素。 5.5点
今期一番の期待外れ作品。OPから本編、EDまで雰囲気は良かったのだが、そこからコミカルなCパート→第2EDを挿入する必要性が全く理解できない。また各ルート完結型にしたため脚本にボリュームがなくなり、期待していたほどの感情描写が見れず、非常に薄っぺらい出来になってしまった。エロに走るなら最低でも各ルート絡まった1クール完結型にしないと心に響かない。どう見ても走りすぎだったが。

そらのおとしものf  日本は終わったのか、始まったのか。 5.5点
1期の良さだけをそのままにギャグとシリアスを両立させた。パンツが空を飛ぶ混迷をさらに突き抜けながらもOP,ED,本編すべてしっかり作り込まれ純粋によくできた作品に仕上がっていた。2期成功作品に位置づけられるのではないだろうか・・・映画はどうかと思うがw

心霊探偵 八雲  流れは良くも、音楽性に乏しく雰囲気作りに難。 5.3点
久々のミステリーものかと期待したがどちらかといえばオカルトもの。考察要素もなく普通にストーリーを楽しむ作品。心霊と謳っている割にはなかなか雰囲気作りに苦労していたようで、別に心霊でなくとも通用するであろう残念な出来になってしまっていた。

ぬらりひょんの孫  ベタな展開でで大きな崩れはなく、特筆すべき見どころもなく。 5.3点
特にこれと言って書くことが見当たらない。目が肥えた視聴者には物足りないものであっただろうが、何が悪いのかと言われれば答えにくいのも事実。ん~・・・こうなるともう好みだよね。


薄桜鬼 碧血録  やっぱ桑島さんはいい声優だなあ。 5.3点
2期というよりは2クールのような形で放送されたせいか、全10話で終了。倒れていく仲間たちに心揺さぶられないところなど、全体的にこじんまりとしてしまった印象。最終回も無難なまとめ方で1期から大幅下落。千尋×桑島さんがヒロインとして魅力的だったのが救い。

屍鬼  前半の非常に長いプロローグも一転、急速にホラー化する終盤。 5.2点
悪くはない。10話後半あたりまでは雰囲気作りと問題定義に時間を割きすぎたのだが、ラスト5,6話は一転して一気にホラーアニメに。残虐な描写の連発で殺伐となっていった。脚本としては完結なのだがラストが視聴者に委ねる形、悪く言えば投げっぱなしになったのが評価のわかれどころ。

アイアンマン  3D技術は高くもキャラデザで趣味分かれ。 5.2点
シナリオはヒーローものとしてよくある流れ。戦闘では惜しみなく3D技術を押しだし見ごたえがあるが、キャラデザが特徴的で作画の好みが分かれる作品。良くも悪くもいたって普通。

えむえむっ!  使い古された設定に装飾すらかなわず 4.7点
こういう作品はキャラやシナリオがありふれた物のため制作のセンスが如実に表れる。今作は特に魅かれる回もなく予想通りの展開で終了。キャラクターもありふれていて魅力を感じず評価は低め。

FORTUNE ARTERIAL 赤い約束  一昔前の様相を呈す学園恋愛ADV。 4.7点
いたって普段通りの作り、展開。女性キャラの栄えが悪く容姿や性格、声と言った点でどれも似たような印象しか受けない。終盤になればなるほど話が飛躍する傾向にあり説明不足感も否めない。5年ほど前に放送するのが正解だったのではないだろうか。

百花繚乱 サムライガールズ  特徴ある作画も単調な脚本でチープに。 4.4点
斬新な作風は面白いが、人物が背景に埋まってしまう事も。1話を見ただけで最終回が読めるような流れに、大味なエロ、笑えないギャグ。一言で形容するならば「すごくつまらなかった」


◆総評◆
今期は作品数が多いのもあり、全体的に良い作品が多かったように感じた。全体的に努力が感じられるものが多く端々で笑いが見れた。近年はOPやEDを毎回変えたりと力を入れているものが増えてきて、そういう面でも大分楽しみ方が増えたように思う。

1話の衝撃に満腹だったパンストも、とある人の助言で再開してよかった。なかなか今までにない感じなのでとりあえず3話までは必見。ざくろが恋愛ものとしてはなかなか良い作りで高評価。そして刀語は是非見るべき。損はしないはず。
逆に残念だったのがヨスガ。1話見て思わず「終わった・・・」PVはなんだったのだろうか。荒川2期も最終回を見るまでは7点台だったのだがなぜ物語を終わらせなかったのだろうか、非常に残念な結果。4点台とかは特に言う価値も無し。

そんなにアニメを見ているわけではないのだけれど、そろそろ似たような流れの作品が目について、見ていて厳しい。ひとひねりぐらいは良くある程度で、そういった面でFAやえむえむのようなアニメは飽きが先に来てしまう事が多い。もともと心理描写重視の作品が好きなのもあるから、いっそうキャラ重視の萌えアニメと受け取られるものはつまらなく感じてきた。需要があるのを頭で理解していても、そろそろ偏見的な入り方をしてしまいそうで怖い。
次期ではそういう感じで1本、くちゃくちゃ面白いの期待してます。
そしてノイタミナ。1/7に配信で春からの新番組のラインナップがあるみたいだけど・・・かなり期待できそう。放浪息子のPV見たけどいい感じ。さらに昨日もう1本新作が発表されたようです。アニメチャンネルの発展を牽引していってほしいね。
最後に新海誠の最新作も公開されます。長野に来なかったら東京で見るかもだけど・・・うーん正直どうなるか微妙。なんとか時間は作りたいと思ってます。

来年も素晴らしいアニメに出会える事を願って。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://keybox5.blog2.fc2.com/tb.php/134-996525fb
    この記事へのトラックバック