--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年もあと2カ月で終わry

2012年09月30日 00:02

朝晩寒くなってすっかり秋の気配。と思ったらもう10月ですよ。今年も何もしなかった俺。



新アニメ始まりましたね。トップバッターの新世界よりはまずまず。期待してなかった作品がこの基準とは秋は本当にやばそう。まあ宇宙兄弟あればいいんだけどさ。


10月といえばサッカーA代表はフランス、ブラジルとの対戦があります。ケチャップどばどばの本田と長友がやってくれると信じています。ブラジル戦は休みとってイエノミかなー。
俺の松井がブルガリアに移籍したらしく、以外と元気そうで良かった。頑張ってくれ。



特になにもない雑記。どっか面白いゲームないかな? どんどん欲が無くなってきてるから真剣にDSでも買おうか迷ってる。逆裁とポケモンと・・・うん。やっぱりないなと落ちつく今日この頃。




弱いなりにワイワイ楽しんでおります。昔はごくごく稀に覚醒したけど、最近じゃそんなのもめっきりです(笑
スポンサーサイト

さどん動画復活?

2012年09月26日 22:35

どうもぶいです。



最近は週1でCWやったりしてるんで、昔Zoomeにあげてた感じでDailyMovieでもちまちま作っていきます。
ちょい前は重くて動画撮れなかったんだけど、PC掃除してからは普通に撮れるようになった。音声入れると重くてきついけど、動画だけなら影ありでスカやニコニコ開きながらでもいけます。本当にPCの掃除って大切ね(゚Д゚;)

そうそう動画に期待しちゃあかんよw マジでKD45ぐらいしかないからww


最近テレビで踊るの再放送がやってるんだけど、めちゃめちゃ面白い。室井が新城みたいな堅物で懐かしすぎ。この調子で最後まで見たらFINALを映画館に見に行くかもしれん(笑



短いけど今日はこの辺で。今週はシフトが長くて疲れるわあ。通勤中の音楽と風が癒し。

2012夏アニメ一斉まとめ!

2012年09月25日 11:05

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。目安としては

8点視聴中・視聴済アニメ一覧で茶色以上に該当。
7点~取りあえず時間ない奴はこれ見とけ!
6点~まあまあ良作。ここら辺見とけば楽しめる?
5点~普通か微妙か。見なくても全然困らない。
それ以下~駄作。大半が見るだけ時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
  タイトル
――――――――――――――――――――――
6.5 黒子のバスケ
6.4 夏雪ランデブー
6.3 TARI TARI
5.6 氷菓
5.5 超訳百人一首 うた恋い。
5.3 織田信奈の野望
5.1 はぐれ勇者の鬼畜美学
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。


黒子のバスケ  成長する作品、熱いバスケ魂。 6.5点
脚本、演出、作画全てにおいてレベルアップを続けるという、気持のよい作品だった。スポーツアニメとしては稀に見る妥協を惜しまない作画が圧巻の一言。それに呼応するように戦闘アニメのようなカッコいい演出も◎。2期(あるよね?w)も期待できる良作でした!


夏雪ランデブー  右肩下がりの脚本に、低調な演出はどう映る。 6.4点
悪霊の言葉を届ける数日間を描いた恋愛作品。雰囲気はよく静かで大人なアニメだったが・・・体をのっとられてからが長すぎ。最終回まで引っ張った挙句に成仏せず、なんとも言い難い終わりかた。序盤は良かったが妥当なラインで小さくまとまってしまった。


TARI TARI  笑ったり、泣いたり、歌ったり。 6.3点
歌で繋げる青春キラキラ系アニメーション。真っ直ぐ突っ走るテンプレヒロインが面倒くさくも憎めないキャラクターでGood。合唱部やそれをとりまく他のキャラの魅せ方もよく、完成度の高さを覗えた。
P.A.はキャラの魅力を引き出すのが上手いね。本当に素晴らしい。劣化おはなとか言ってごめんなさい(笑


氷菓  ミステリーとは言い難く、折木探偵俱楽部。 5.6点
尻あがりの後半は悪くなかったが、物語のコンセプトは中途半端だなという感想。これをミステリーや推理アニメとは呼べない。演出へのこだわりやキャラの魅力という点では京アニの意地が見えたが、どうにも盛り上がりに欠ける作品。


超訳百人一首 うた恋い。  秋風に たなびく雲の 絶え間より 5.5点
各話構成的な要素が強く、当たり外れはあったが十分楽しめる内容だった。その名の通り超訳だが、短い時間で一つの恋物語にテーマ性を持たせられたのがこの作品の特徴であり、強みか。


織田信奈の野望  作画作画作画作画。 5.3点
とにかく作画。キャラ、背景、CGに殺陣の枚数は群を抜いてトップレベル。1話も妥協がない品質には文句のつけようがない。しかし他の要素は別段評価できるところが無かった。戦国魔法使いはアカンて。


はぐれ勇者の鬼畜美学  熱い設定も活かし切れず、盛り上がらない脚本。 5.1点
主人公最強キャラにヒロインとその距離感も含め、十分面白そうな設定ではあるのだがどうにも面白くない。誰が悪いのかどこが悪いのか知らないが面白くならない。残念。


◆総評◆
TARI TARIの最終回がすごく良かったですねぇ。学生時代に音楽会で指揮した時の感動を思い出して・・・音楽っていいなと改めて思いました。今期のTOPはまさかの黒子だけど、I.Gびいきとか抜きに普通に面白かったです。特に終盤の青峰と黄瀬の動きっぷりは異常。作画班が過労死しないか心配だわ。

今期は7作と少なめですが、短評のみではなく全ての作品にそれぞれ良い所があったと思います。「おっ」と思えるアニメを選別できるようになってきてようやくオタクを名乗れる日も近づいてきたかな? ココロコネクトをどうするかはまたの機会に考えます(´・ω・`)

さて来期、秋アニメの予定ですが・・・すでにチェック予定で15作、確定10作。PV段階でどっちにも転びそうな作品がゴロゴロあるのです。皆さん来期は忙しいですよ。
心揺さぶられる作品はいくつあるかなー!



こちらは、関東図書隊!

2012年09月13日 03:34

劇場版 図書館戦争 革命のつばさ 見てきました(*´∀`*)
図戦好きなら絶対見た方がいいですね。特にアニメ気にいった人は必ず行くべき。
ここから少しネタバレ感想ね!



アニメ後の話だから最初から郁と堂上がラブラブなわけさ。アニメのほうは郁がタスクフォースとして、図書隊として頑張る姿が中心だったけど、今回は完全に恋愛中心。郁と堂上はもちろん柴崎と手塚の進展もあって満足でした。完成度的には非の打ちどころがないというか、アクションシーンもかなり枚数割いててさすが映画ではやりたい放題だなという感じのクオリティでした。あえていえばEDが微妙だったかなと(笑

ここで外したらI.Gも終わりだと思ったけどそんなことなくて良かった。図戦の実写映画? 知らん知らんそんなのは知らん。そういえば来期のアニメ全然チェックしてないからそろそろします。リトバスどうなるかねぇ・・・(諦

それからMIB3も見ました。うーん・・・3はきつかったかというのが率直な感想。振り返ってみればMIBは1のJがMIBに入るまでが盛り上がりのピークだった気がする。若い時のKと一緒にって所から怪しかったけど、案の定掛け合いやギャグがすべりまくり。タイムワープ?だかもあんまり使わなくてなんだかなって感じ。ウィルの吹替えを東地さんがやってればもっと面白かっただろうに。Tジョーンズがよぼよぼのオッサンになっちゃって4は無理かと思うとちょっと寂しいけどね。

というわけで応援バナーは図戦に変わりました。(1分で作ったバナーがわりと良いw)公式サイトへ飛べますどうぞ→



映画のことしか書いてないけど眠いのでここまで。
前々からだけどゲームに対する飽きの早さがハンパない。だから結局DSも買わない。逆裁だけやりたい。



最近のポケモンも捨てたもんじゃないなとちょっと思った。
参考スレ→そろそろポケモン史上最高のBGM決めようぜwwwwww
俺も42番道路が一番思い出深いな。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。