--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017秋アニメ一斉まとめ!

2018年01月11日 21:51

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。

8.0点以上傑作視聴中・視聴済アニメ一覧茶字以上に該当。
7.0点以上~良作。これが日本のアニメーションだ!
6.5点以上~過半数の支持を得られる高品質な作品。
6.0点前後~取捨選択が必要。賛否が分かれます。
5.0点以上~最下層ライン。
4.9点以下~駄作。時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
評点 タイトル
――――――――――――――――――――――
6.9 ボールルームへようこそ!
5.4 キノの旅 the Beautiful World
5.1 クジラの子らは砂上に歌う
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。




ボールルームへようこそ  他の追随を許さない美への挑戦 6.9点
品質維持の難しい題材を見事に完走したI.Gにまずは敬意を。2次元ならではの人体の美しさを、その圧倒的な作画力で余すことなく描き切った素晴らしい作品でした。
そして作画もさることながら、特筆すべきは3人のヒロインの使い分け。主人公の成長や変化をヒロインを変えていくことによって、より解り易くより多角的に描くことができていた。特にマコのキーキャラっぷりは凄まじく、1期の地道なマコの土台があったことがこの作品の一番の肝だったのかもしれない。

ここ最近のProductionI.Gをみると、スポーツアニメを作らせたら右に出るものはいないのではないだろうか。
これだけ安定した作画と構成力を維持できるのはさすがの一言。今後もI.Gのスポーツアニメに注目です。



キノの旅 the Beautiful World  穏やかな短編ラジオ 5.4点
キノの飄々とした語り口で進んでいく本作。各国の特殊なルールを基本とした脚本だが、全てはキノに凌駕されていく。
たいして起伏が激しいわけでもなく、話が作りこまれているわけでもないのだが、この独特の空気感にあてられてなぜか見てしまう。それがキノの旅。



クジラの子らは砂上に歌う  なにもない後語り 5.1点
特に書くことがない作品。ただ物語が進行するのみで、これといった顔は見えてこなかった。




◆総評◆
ボールルームでした。
それ以外にない…Just Because!が8話ぐらいで止まってしまったが、見る元気がない。
名作だったというような話も聞かないし、まあいいかなと。

モチベ下がりまくりですがアニメを見ることはやめません。

スポンサーサイト

2017秋アニメチェック!

2017年10月16日 19:49

今期かなり良い感じなのが
<クジラの子らは砂上に歌う> 大いなる世界の秘密と真実を探るファンタジー。たった500人のちっぽけな船は、大海の一滴でしかなかったのだろうか。今期イチオシの作品です。



なかなか良かったのは
<Just Because!> 久々にド青春アニメやります!って感じ。キャラデザや演出から滲み出る良作感。今後のシナリオに期待します。 
<キノの旅> 実は原作読んだことないので…見てみようか考え中。1話からしっかりとやる気が伺えた作品。
<魔法使いの嫁> 雰囲気は良い。内容が割と少女漫画寄りで、純粋にファンタジーというよりは姫物語なのかもしれない。とりあえず3話まで。
<いぬやしき> 改造人間となった冴えない58歳ヒーロー? 1話ではインパクト重視だったが今後どうなるか。



軒並みで普通なのが
<Infini-T Force> 3D作画で蘇るタツノコ戦隊マーベルレンジャー。でもこれやるならセル画のほうがよっぽど需要あるんじゃないだろうか…どこ層狙ってこんな微妙もの作ったのか。
<UQ HOLDER! ~魔法先生ネギま!2~> ネギまを知らなくても問題はない。ただ展開に目新しさはないだろう。
<十二大戦> ただの超人12人バトルロワイヤル。特にストーリー性も無く終わりそうなのがうーん…
<宝石の国> 宝石設定はなかなか面白いのだが、良くも悪くも雰囲気アニメ。
<つうかあ> ニーラーサイドカーを乗り回す女子高生たちのレーシングアニメ。マニアックスポーツ=良作の方程式は…難しいかもしれない 
<3月のライオン 第2シリーズ> 1話にしては低調な立ち上がり。2期というよりは2クール目という感じ。
 


最後にいまひとつだったのが
<戦刻ナイトブラッド> 女向け武将のやつ。
<ブラッククローバー> 設定は青エクやヒロアカの焼き増し。内容もベタな少年誌。
<URAHARA> うん(ついていけない)
<このはな綺譚> ロリ。内容がもっと練れていれば癒し枠になれたかもしれないのに。いやだめかも。
<TSUKIPRO THE ANIMATION> 男アイドル4グループの女性向け作品。
<王様ゲーム The Animation> 1話で説明が多すぎる糞演出の典型。展開予想も容易で期待を裏切ってくれそうにない。
<DYNAMIC CHORD> 女性向けバンドアニメ。OP曲崩壊してて草すら生えない。
<ネト充のすすめ> あかん。
<Code:Realize ~創世の姫君~> オトメイト。
<Dies irae> 10年遅い。
<ブレンド・S> ロリコン御用達のほのぼの系。
<妹さえいればいい。> 下品な俺妹。
<アニメガタリズ> よくわからんがただのキャラアニかな。 
<僕の彼女がマジメ過ぎる処女ビッチな件> 内容は無し。
<Evil or Live> 絵梦制作は良くも悪くも昔の日本アニメ辿っているのだろう。目の肥えた日本人を魅了する作品に仕上げるには、もう少し時間がかかりそうだ。
<ROBOMASTERS> ロボコン。



◆主なオススメ作品と、対応する曜日のリストアップ◆
※新アニメ→新 2期作品→2期 2クール目→2ク など
※月=火曜早朝含む

 infini-T Force(新)
 十二大戦(新)
 
 Just Because!(新) いぬやしき(新)
 少女終末旅行(新) キノの旅(新)
 ボールルームへようこそ(2ク) 魔法使いの嫁(新)
 クジラの子らは砂上に歌う(新)



前期と同じように低調な1話が多かったですね。
最後まで面白く進めてくれそうなのはクジラの子らは砂上に歌うでしょうか。昔のNHKのような雰囲気もまとっていて、子供から大人まで楽しめるような作品になりそうです。
次点では魔法使いの嫁。ただこちらはファンタジーというより少女漫画テイストが強い。魔法で世界をどうこうという脚本ではなく、魔法に触れながら人や日常の温かみを取り戻していくといった内容になりそう。決して派手なアニメではなく、安定感重視。

いぬやしき、Just Because!は展開次第のアニメ。JBのほうは重く泣きにもっていければ…という感じであったが、2話を見るにやはりもっとライトな恋愛アニメっぽいですね。残念な結果に終わりそう…。


新展開を迎えた2クール目のボールルームがやはり最強なんだね。はいI.Gさいきょ。

2017夏アニメ一斉まとめ!

2017年09月28日 20:35

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。

8.0点以上傑作視聴中・視聴済アニメ一覧茶字以上に該当。
7.0点以上~良作。これが日本のアニメーションだ!
6.5点以上~過半数の支持を得られる高品質な作品。
6.0点前後~取捨選択が必要。賛否が分かれます。
5.0点以上~最下層ライン。
4.9点以下~駄作。時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
評点 タイトル
――――――――――――――――――――――
5.8 NewGame!!
5.7 プリンセス・プリンシパル
5.5 徒然チルドレン
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。




NewGame!!  継続の難しさ 5.8点
1期のクオリティ維持に努めた本作。
新鮮味はないものの全体的に高いレベルで2期を終われたのは素晴らしいこと。まあネタ的には維持しやすいタイプの作品だけれども、それが出来ないのが現在のアニメ制作現場なので…良い事ですよ本当に。



プリンセス・プリンシパル  凡作から昇華する力 5.7点
ジワジワと紐を解くかのような構成力は素晴らしかった。謎のまま進めたファクターが帰結する瞬間を面白くするのが、簡単なようで一番難しいのかもしれない。
最終話ではもっと入れ替わりを派手に押し出したどんでん返しを期待していただけに、少々期待外れだったのは事実。
しかしながら1話からすれば十分化けてくれた良作です。



徒然チルドレン  スーパーライトラブコメディ 5.5点
勝手に物語が進んでいく非常に簡単な内容のアニメだったものの、オムニバス構成のおかげでテンポ感があり、なかなか良い出来だったのではないでしょうか。
まさに4コマ漫画原作の平均点といったようなお手軽アニメでした。




◆総評◆
ボールルームが2クールということで、実に4作品しか見なかった今期。そしてボールルームが一番良かったかな。
いや、俺が悪いんじゃなくてアニメが悪い。継続したいような面白い作品無いですもん。そもそも脳が溶けてるような脚本ばっかりで…まあキャラ重視でわかりやすくないと売れないからかなあ。
俺からすれば氷河期状態ですよ…残念。

そして来期のラインナップもかなり微妙な感じ。残念。


ちなみに音楽はいいものが多かったので、そっちの意味では捗りました。
2018年版は12月中旬くらいを予定しています。

2017夏アニメチェック!

2017年07月15日 23:58

今期かなり良い感じなのが
<ボールルームへようこそ> マイナースポーツでこれだけ丁寧にやられたら面白くないわけないよね。I.Gもわかってて全く手を抜いていない。本気の方のI.Gです。



なかなか良かったのは
<NewGame!!> 百合2期だぞい。
<魔法陣グルグル(2017)> リメイク。往年の名作ということで力が入っているのが伝わってきます。ただ…15分ぐらいのほうが収まり良かったのかなあとは思う。良く完成度を落とさずに詰め込んでいるけど、それでも若干胸焼け。



軒並みで普通なのが
<賭ケグルイ> 美少女学園カイジ。いろいろと緊迫感が感じられないのが微妙。
<Fate/Apocrypha> Fateスピンオフ。本編と直接的な関係はなさそう。
<縁結びの妖狐ちゃん> 上海の绘梦动画制作。00年前後の日本アニメを目指しているような作品が多いのが特徴。
<異世界食堂> 食事で愛情あふれるみたいなやつ。相変わらず異世界設定はいらない。
<妖怪アパートの幽雅な日常> タイトル通り、普通。
<徒然チルドレン> 15分の4コマ的オムニバスラブコメ。軽く見るアニメとしては悪くない。
<アホガール> 頭アホにしてみるとなかなか面白いかも。ハーフアニメとしては成功か。
<恋と嘘> 高校生の恋愛もの。面白い設定のように見えるが、結局基本は同じやつ。
<コンビニカレシ> よくある学園青春恋愛アニメ。キャラデザは若干女性向け。
<将国のアルタイル> 最年少天才将軍が陰謀、戦争に巻き込まれていく中世アニメ。2話から失速。
<セントールの悩み> 学園獣人日常アニメ。EDが無駄に壮大だったけど、さすがに不穏な展開はないだろうな…
<異世界はスマートフォンとともに> 超ご都合主義のオナニー娯楽アニメ。みんな夢みたいんだね。
<プリンセス・プリンシパル> 可愛い学生達がハードボイルドに人を撃つのが受けるだろ? というような内容。シナリオ自体はよくあるスパイ物なので、個人的には好きなジャンル。



最後にいまひとつだったのが
<ようこそ実力至上主義の教室へ> 量産型。
<ひなろじ> ロリコン向け。作画はすげー頑張ってる。
<活撃/刀剣乱舞> 腐向け…というほどではないけれど、まあいわゆるキャラだけの幕末物。
<バトルガール ハイスクール> ごった煮劣化マクロストパン48。
<ナイツ&マジック>  サクサク進んで悪くはない。でも転生設定いらね。
<潔癖男子!青山くん> 長い。テンポ×
<ナナマル サンバツ> 特に面白味もない高校生ウルトラクイズ。とりあえずヒロインの声優酷すぎ… 
<アクションヒロイン チアフルーツ> 町おこし戦隊アイドルアニメ。
<18if> うーん、なんかこう…もったいない。
<バチカン奇跡調査官> バチカン探偵アニメ。ミステリー好きでなければ見れないほどに暗く単調。
<時間の支配者> 懐かしいテンポ。しかし面白くない。
<ひとりじめマイヒーロー> 1話なんだから良さをだす努力をしてほしい。
<天使の3P!> ろりおん。
<クリオネの灯り> 低予算、低品質。
<ゲーマーズ!> 特徴無し。
<THE REFLECTION> アメコミ。絵コンテがお粗末すぎる。

◆主なオススメ作品と、対応する曜日のリストアップ◆
※新アニメ→新 2期作品→2期 2クール目→2ク など
※月=火曜早朝含む


 NewGame!!(新2期) 魔法陣グルグル(新) 徒然チルドレン(新)
 
 
 
 ボールルームへようこそ(新)
 プリンセス・プリンシパル(新)



ひーーーーーーーどいですね。
俺がアニメを見過ぎたとかそういう理由関係なく、ひーーーーーーどい。
ボールルームへようこそだけ見ておけば問題ないです。
アニメファンの方々は、詰みアニメを崩す大チャンスではないでしょうか。
私はこの機会に詰み映画を消化していこうかと思います。

2017春アニメ一斉まとめ!

2017年06月19日 06:54

※注意 人によっては気分を害する恐れがあります。
      閲覧には十分注意して下さい。




今期に終了したアニメを感想含めまとめていきます。
点数はもちろん主観はいってます。10点満点方式、小数点1まで。

8.0点以上傑作視聴中・視聴済アニメ一覧茶字以上に該当。
7.0点以上~良作。これが日本のアニメーションだ!
6.5点以上~過半数の支持を得られる高品質な作品。
6.0点前後~取捨選択が必要。賛否が分かれます。
5.0点以上~最下層ライン。
4.9点以下~駄作。時間の無駄。

――――――――――――――――――――――
評点 タイトル
――――――――――――――――――――――
8.0 リトルウィッチアカデミア
5.7 正解するカド KADO: The Right Answer
5.7 ID-0
5.6 進撃の巨人 Season2
5.2 エロマンガ先生
4.8 ロクでなし魔術講師と禁忌教典
――――――――――――――――――――――

以下、各アニメの簡単な感想とまとめ。




リトルウィッチアカデミア  世界中の子供たちに見てほしいアニメ 8.0点
信じる心が世界を変える! スタッフたちの魂の叫びが、画面越しにビリビリと伝わってくるような、まさに勇気と希望に満ち溢れた作品でした!
ヒロインの成長を1クールガッツリと描いたのが素晴らしい。不器用なりにも素直でひたむきな姿、人よりゆっくりであろうと一歩ずつ一歩ずつ成長していく彼女の姿は、視聴者の心を鷲掴み。
2クール目からは一気に人物構成をくみ上げていき、加速度的に物語は終盤へ。新旧ダブルヒーローにかけがえのない仲間との絆。涙なしでは語れぬシャリオとの再会…信じる心に支えられた魔女達のクライマックスは圧巻でした。

作品自体が丁寧に易しく作られていることも含め、これが深夜アニメとして放送されたことが非常にもったいない。家族で見て、子供が見て、ワクワクドキドキといった素直な感情を体験してほしい。
夢をもつこと、可能性は無限大に広がっているというメッセージを、是非受け取ってほしい。
このような素晴らしい作品に出合えたことに、また一つ感謝です。



正解するカド KADO: The Right Answer  解をもたないという解 5.7点
地球外生命体に対して交渉で対処する切り口は良かったのだが、以降のまとめ方は微妙。
最終話の真道の犠牲は、真道の心情から解釈できるのだけれど、だから良かったかと言われるとNO。すでに3人も神が出てきている時点で、視聴者はなんでもアリアリの終盤だろうと認識させられているのに、この死は果たして必要だったのだろうか。
CGキャラの馴染み方が素晴らしかったので、描画的技術力は感じられる作品でした。



ID-0  ボリューム不足の最終決戦 5.7点
序中盤まではなかなか惹きつけるシナリオ進行だったのだが、結局尺足らずのまま凡作として終わりを迎えてしまった。
作品全体の設定や雰囲気が良かっただけに、失望感は強い。



進撃の巨人 Season2  見事な失速は予想通り 5.6点
ビジネスモデルの問題か、脚本構成の問題か。
説明に従事しすぎて回想が増えてしまいテンポダウン。強烈なインパクトを魅せた1期と比べると、低調だったと言わざるを得ない。
それにしても最終話の唐突なミカサデレはなんだったのか。2期ではたいしてスポットもあたっていなかった為、細かな感情の動きを描ききれていなかった。構成的に決まっていたのかもしれないが、これは頂けない。



エロマンガ先生  中身なんて無いよ 5.2点
ストーリーが進行していた俺妹と違い、あるのはただのライトエロ。あまりにも商業向けすぎる作品で残念でした。



ロクでなし魔術講師と禁忌教典  男女平等パーンチ 4.8点
最後までレールガンの焼き増し。




◆総評◆
リトルウィッチアカデミアでした。それに尽きます。
最終話の展開がわかっているのに、ここまで楽しめるというのは本当に力のある作品ですよ。Triggerの今後も期待していきたいです。
カドが頑張れなかったのは非常に残念でしたが、まあそういうこともあるでしょう。このネタなら終盤の脚本だけ変えて実写ドラマとかでやったほうが面白そうだけどね。

それにしてもPUBGにばかり時間を割いていて、今期はあまりアニメが見れませんでした。
月がきれいとかなんとなく切っちゃって申しわけなかったなあ…来期はどんな良作に出合えるのでしょうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。